忍者ブログ
[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

空を飛ぶ方法なにか「おお!」というものはないものか…。
魔法だと杖を振って生身で飛んじゃうとか、魔法のほうきで飛んじゃうっていうのは、多いですよね。
あと鳥のような飛ぶ動物に変身。空飛ぶマントに空飛ぶ道具。飛行機になると、宮崎駿、ダヴィンチ、鳥人間コンテストに出てくる奇妙で創意工夫溢れる道具になってしまうなあ。
でもその方向性は違うような気がする…。ううn(- -;)

あ、でもでもこの話の元ネタは、実はそんな道具で飛ぶというゲームからきているのです。
もう十年くらい前だと思うんですけど、ゲーセンのゲームで、自転車のようなものをこいでコントロールするゲームがあったのですが、知っている人はいますか?
ゲームの中の少年は自転車に風船を四つくらいつけた乗り物に乗っていて、山や谷を越して目的地を目指す…というものなのですが、一時期ちょっとはまりました(笑)
ダンスダンスレボリューションや太鼓の達人みたいな体感ゲーム(?)系が好きなようです。

ゲーム画面に集中してペダルをこいでいると、何だか本当に自分が空を飛んでいるような感覚だったのです。
で、これが今回のお話の元になっているというわけです。
友達と飲みに行った後、ぜいぜいしながらやってたなあ…。
その友達が「これ面白いよ」と教えてくれたんですけどね。そんな彼女は今パラグライダーをやっています。

本当に空を飛んじゃったよ〜
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
姿変えの呪文。
 まだまだ考えがまとまらない
 「空の飛び方」
 私が考えてみたものは呪文を唱えるとその詞(コトバ)が実体化して(3Dで目に見える形になる)身体の周囲をぐるぐると旋回して、宙に体ごと浮かせる、というもの;
 オーラっぽい光の波動が身体を包んで宙を飛ぶ、なんていうとちょっと超能力みたいな感じかな(^^ゞ
 目に見えないものが目に映る、言語そのものが形になる、というものです。
 …めちゃめちゃ抽象的ですね;
 やっぱり具体的に何らかの道具や形が出てくる方がいいのかな。

 鳥になったり、竜になって空を飛ぶ、というと姿を変えるということになって、素直に「空を飛ぶ」ことにはならないかなあと思っていますが。

 さあて、連載開始まで一週間と迫ってきましたよ…!
 トップバッターのいさなさん、がんばって~!(*^_^*)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新TB
(05/25)
プロフィール
HN:
やまのたかね&藍川いさな
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]